予備のメモリカードを買ったほうがいい

予備のメモリカードを買ったほうがいい

予備のメモリカードを買ったほうがいい

先週、公園のチューリップの写真を撮りに行ったときに、
写真を撮ろうとしたらメモリカードをデジカメに挿していないことに気が付いて、
せっかく公園まで来たのに写真を一枚も撮れなかったということがあったばかりなのに、
次の週もまた同じ失敗をやらかしてしまいました。

 

チューリップとは別の公園にいろいろな花と野鳥の写真を撮りに行ったのですが、
また公園に行った意味がありませんでした。

 

先週カードを忘れて、今度は忘れないようとそれから気を付けてはいたのですが、
急いで支度していたのでカードの確認をコロッと忘れてしまいました。
その前の日にパソコンでデジカメの画像の保存をしていた時に、
カードをデジカメに戻し忘れてそのままにしていました。

 

メモリカードを挿し忘れることが続いてますが、
前にも何度か忘れたことがあるし、
メモリカードを挿し忘れても写真が撮れるように、
予備のカードを1枚カメラケースに入れっぱなしにしておいたほうがいいと思いました。
そうしておけばカードを挿し忘れたときにいつでも写真を撮ることができます。

 

ちょうど今ミラーレスカメラを買うのにお金を貯めているので、
カメラが増えるとどうしてももう1枚メモリカードが必要で、
RAW画像も撮りたいから容量が32GBのやつを買おうとしていろいろ調べていたのですが、
今使っているメモリカードと同じやつを買おうとしたら数か月前に生産終了になっていて、
書き込み速度が同じでも読み込み速度が速いカードに変っていて値段もちょっと高くなってしまいました。