今日のB級話

今日のB級話

今年はお花見にたくさん行きました

私は桜が大好きなので、毎年何度かお花見をするのですが、今年は例年以上にお花見をしました。
まず、会社のお花見は毎年2回あり、もちろんそれには参加しました。
それに加えて、今年は趣味仲間の人たちとも集まり、お花見をしたのです。
趣味仲間の人たちとは、年に4回ぐらい会っていますが、お花見をしたのは今回が初めてでした。
他に、大学時代のサークル仲間ともお花見をしました。
もっとも、サークル仲間とはほぼ毎年のようにお花見をしていますが。
あとは、普通に昔からの友達とお花見をしました。
さて、これだけであれば、例年よりも2回ほどお花見をした回数が多いだけです。
それに加えて、今年は1人でのお花見を3回ぐらい行ったのです。
1人でのお花見と言っても、決して1人寂しく桜の木の下でシートを広げてお花見をするわけではありません。
桜が綺麗なスポットに足を運び、そこを歩き回ったりするのです。
あるいは、自転車でいろんなお花見スポットを走ったりして、お花見を楽しむのです。
こうして、例年以上に今年のお花見を楽しみ、凄く楽しい気分になりました。
たまたま今年は、会社の休みも多く、ちょうと有給を消化しようと思っていたので、
お花見をする機会が増えたのです。
本来であれば、今年ぐらいお花見を楽しみたいのですが、さすがにそれは無理でしょうから、

来年はまたいつも通りのお花見になると思います。
もちろん、余裕があればまた、1人でのお花見も楽しみたいと思っています。


プラスチック部分の経年劣化

初夏本番となり、そろそろ夏日などという暑い日もあらわれるようになり、
履物もサンダルを出しておこうかと思って下駄箱をチェックしていました。

 

サンダルはそのまま突っかけるものが3足、足首部分でベルトで止めるものが3足あるのですが、
足首ベルトサンダルの1足のクッションプラスチックが経年劣化なのか割れて崩れていました。

 

この手のプラスチック系の靴による経年劣化による破壊は、
それまでも安い革靴底などにもあって捨ててしまいました。
しかし、このような空気クッション部分でも起こるのかと思わされるものでした。

 

しかし、プラスチック素材の進化はあらゆる物で使われており、靴なども冬山登山などでも用いられています。
かつて、冬山で数年使っていたプラスチック登山靴が破壊してしまうという事が問題になったことがあります。
これはスキーブーツなどにも言えるのでしょうが、寒冷地で靴を失うことは凍傷どころか、
場合によっては命に関わる事になりかねないものです

 

 

その他にも、プラスチック類を用いた物は簡単に成型できる事もあってか、
百円均一ショップなどでも見ることができます。
これらは1シーズン程度しか頭にないでしょうが、数年は使おうと考えている場合には注意が必要となります。

 

靴箱を時折チェクして、プラスチック素材を使っている靴は特に注意が必要で、
急に使う事になり、履いたらボロボロでは困ってしまいます。
安物買いの銭失いにならないよう、特に革靴の類はそのようなものを避けたほうが長く使えるもです。


ネット上のキャバクラ嬢、チャットレディー

 

先日、ママ友から良いお小遣い稼ぎがあるとお話を聞きました。

 

そのお仕事とはチャットレディーの事でした。

 

チャットレディーとは、ネット上のキャバクラ嬢のようなものです。

 

しかし、実際のキャバクラ嬢とは様々な点で違いがあります。

 

まずはお店に出勤しなくても良いという点。

 

次に、お客さんはパソコンの画面の向こうなので触られたりする心配はないという点。

 

更には拘束時間が短かったり、都合のよい時間のみという点です。

 

その為、子育て中のお母さんなどが秘密で行っている場合が多いそうです。

 

この事を教えてくれたママ友は、子供がお昼寝をしているわずかな時間のみ行っていると言っていましたが、結構な金額を稼いでいました。

 

ちなみに、この稼げる金額はやる気次第で増えます。

 

私も子育て中で、働きには出られず時間を持て余していました。

 

そして話を聞く限りでは、私も出来そうな気がしたのでチャレンジしてみる事にしました。

 

最初は、緊張しましたがママ友に教えてもらったりしながら少しずつ慣れていくように心がけました。

 

お客さんも慣れていない事を伝えると、お手柔らかに相手してくれました。

 

しかし、中にはきつい事を言ってくる方もいらっしゃいました。

 

そんな時には必ずし仕事だから仕方がないと割り切れましたし、傷ついたりすることなく乗り切れました。

 

初めてのお給料が振り込まれた時には達成感でいっぱいでした。

 

子育ても家事もしながら、余った時間でお金を稼げたので頑張って良かったなって思いました。

更新履歴